顧客管理の仕方

顧客管理の手法は、企業の規模や管理内容によって様々な手法が持ち入れられます。
まずは台帳を使用する方法です。
名称で言うと、「顧客管理台帳」、「顧客リスト」とかいうような名前になると思います。
当然、その名称は各企業毎に違いますし、特に統一した名称というのがある訳ではありませんし、これにしないといけないという書式がある訳でもありません。
パソコンにて、台帳を作成、そして打ち込むも良いです。
手書きにより作成するも良しという事です。
ただし、重要なのは顧客の情報量と検索が容易な事、そしてどの部署が使用するのか等を明確にする事です。
パソコンであっても、棚のようなものであっても、検索に手間取っているようではいけません。
厳密にいうと検索という時間もコストの一部という事になるからです。
そして何よりもクレームが発生すれば、第一報はスピードと精度の勝負となります。
いつでも、誰でもという事が顧客管理の基本になります。
しかし、いつでも誰でもといっても個人情報ですから、その機密性であり守秘義務の厳守は基本となるでしょう。
また、顧客情報を管理するにあたり、その情報量(項目)によってはかなり膨大なデータとなります。
そして、検索時も色々な検索条件が発生しますからパソコンで管理を行う際は色々な条件で検索可能なフォームにしておく事も大切です。
自前のフォームを使用するのであれば、コードナンバーを各顧客毎に作り、コードナンバーから簡単に検索できるようにしましょう。市販ソフトであれば、多少顧客管理も簡単に出来ると思います。
訓練すれば大抵は使えるようになりますし、何より自前フォームに比べれば入力ミスなどでフォームが崩れるといった事もありません。
ただ一つ難点があるとすれば、予め用意された内容の操作しかできないという事です。
それ以上というような事を求めるのであるならば、自作の方が良い場合があります。
市販ソフトであれば、やはり管理対象物を明確にしてからというのが一番安全な選び方なのかもしれません。
どのような手法を用いるとしても、顧客情報というのは大切な項目となりますから、会社としてしっかり管理する必要があります。
そして、インプット・アウトプットという言葉通り仕入れ業者、お得意先双方の管理が重要だという事です。
このように色々な方法、そしてメリット・デメリットが存在しますから部署を上げて管理方法を考え、顧客管理の重要性などの教育を定期的に行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*