顧客管理とダイレクトメール

顧客管理を利用して行うもののひとつに、ダイレクトメールの発送があります。
ファッションブランドに多くあるサービスなのですが、お店の顧客になることで、顧客限定セールなどに招待してもらえることもあるとか。
季節の変わり目になると、多くのショップではバーゲンを行いますよね。
その際、顧客限定の価格で販売する限定セールなどに招待してもらえるのです。
当然、一般客が来るセールよりも早く商品を購入することができますので、お得にお買い物ができます。
お店にとっても、顧客にとっても嬉しいサービスです。
これも、しっかりと顧客管理を行っているからこそできるサービスです。
この際、送るダイレクトメールには工夫もあります。
例えば、ただ葉書を送るだけでなく、スタッフからのメッセージを添えることです。
「以前に悩まれていたアウターもセールに入ります!この機会にいかがですか?」などのメッセージを添えることで、ダイレクトメールはより効果的なものになります。
葉書だけだとちょっと味気ないものですが、スタッフがわざわざ手書きでメッセージをくれること、以前やり取りした内容がさりげなく記載されていることが、顧客に嬉しい効果をもたらすのです。
手書きで自分宛のメッセージがあると、お店に行きたくなりますよね。
これも、スタッフが顧客管理を行い、しっかりと顧客とのやりとりを記録しているからこそできるものです。
また、電話をして直接セールを知らせることもあります。
何度もお店にきているような親しい間柄の顧客だと、スタッフが電話をして「セールをしていますよ」とお知らせすることもあるそうです。
もちろん、これは親しい関係を築いているからこそできることですが、親しい間柄だと、こういった電話での連絡も嬉しいものです。
電話でのお知らせは顧客全員にできるものではなく、限られた上客のみのサービスであることお少なくありませんので、顧客にとっては「自分は特別な存在なのだ」という気持ちが高まり、「セールに行こう」と言う気持ちも高まるでしょう。
顧客管理の延長線には、こうしたサービスもあるのです。
顧客管理をすることで、こうした「顧客との距離をより近く感じることができるサービス」を実施することも可能になります。
そして、このようなサービスはより質の高いサービスにもつながりますので、顧客の来店頻度などを上げることができることもあります。
顧客管理の醍醐味は、こうして色々な方面に役立てることができることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*