マクドナルドの顧客管理

顧客管理は多くの店が行っていますが、中でも成功のモデルケースとして挙げられるのが、「マクドナルド」です。
「美味しいハンバーガーセットと安さが売り」のマクドナルド。
マクドナルドは日本でもっとも知られたファストフードですが、そのブランド力を確立する為に、多くのサービスを展開しています。その中のひとつが、顧客管理を利用したクーポンサービス。
マクドナルドに行く人ならご存知と思いますが、マクドナルドでは無料のクーポン券をメール配信するというサービスを行っています。
実は、このクーポンが来店数アップの秘密。
例えば、土曜日・日曜日にコーヒーを買いにくるお客さんがいたとします。
その場合、その人には週末限定で利用できるコーヒーの無料クーポン券を配信。
そうすることで、来店の回数を増やそうという試みです。
確かに、無料で使うことができるクーポンがあれば「今日もマクドナルドでコーヒーを飲もう」という気持ちになりますし、「コーヒー代が浮いたぶん、ポテトやパイなどを食べようか」と言う気にもなります。
こういったサービスが、マクドナルドの売り上げを支えています。
このサービスは、人によって配信されるクーポンに違いがあるのがポイントとなっています。
ハンバーガーセットなど、セットメニューを多く注文する人には、手軽に食べることができるスイーツのクーポンメールを配信しています。
これは、ハンバーガーセットと一緒にスイーツを買ってもらうための戦略です。
マクドナルドはメニューの種類がとっても豊富。
お客さんによっても、注文するメニューには大きな違いがありますよね。
コーヒーを一切飲まない人に、コーヒーの無料クーポンを配布しても無意味です。
だからこそ、その人がどんなものを購入するのかを分析し、その人にあったサービスを展開することで、来店頻度を上げる努力をしています。
マクドナルドは、日本でも低価格路線を守り続けているファストフードです。
だからこそ人気があり、たくさんのお客さんが入っているわけですが、そこには安さを維持するだけでなく、そこには顧客管理をベースにした販売戦略を練るという努力があります。
ただ安いだけでは、売り上げを増やすことはできません。
事実、低価格を乱発しすぎた時期のマクドナルドは、売り上げが低迷しました。
そこから、様々な試行錯誤をして建て直しを計った結果、マクドナルドは高い利益を出すことに成功しました。
その方法のひとつが、顧客管理を利用したメールクーポンの配信サービスなのです。
マクドナルドのように、日本で大成功をおさめている企業も、顧客管理をベースにした販売戦略を行っているのです。
顧客管理を利用したサービスが、いかに売り上げに結びつくのかがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*